資産構築ツールBEAX(ベアックス)のメリットデメリットを比較

2021年2月23日

「毎日3万円稼げる」というフレーズで、業界で注目を浴びているBEAX(ベアックス)。

このフレーズだけ聞くと、「怪しい」「詐欺では?」と思われる方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、BEAX(ベアックス)のメリットと、デメリットについてご紹介したい思います。

BEAX(ベアックス)のメリット・デメリット

BEAX(ベアックス)のメリット

BEAX(ベアックス)メリット

まずは、メリットについて見ていきましょう。

設定が簡単

資産構築ツールBEAX(ベアックス)の特徴としてまず挙げられるのが、設定が簡単という点。

投資と聞くと、あまり馴染みのない人にとっては「難しそう・・・」とイメージしがちです。

それゆえ、資産構築と言われると、設定も非常に複雑な設定を行わなければいけないのかと身構えてしまいがちです。

もちろん、本格的な投資を始めるには、複雑なシステムも理解するスキルを身に着けていなければなりません。

しかし、BEAX(ベアックス)では、そうした難しい設定は必要とせず、すでに完結しているシステムを提供してくれます。

そのため、実際に利用するユーザーは、簡単な設定項目への入力だけですぐに始められることができます。

実際に、他の資産構築ツールでは、この設定の段階でつまずく人が多いのですが、誰でも簡単に設定ができるという点において、投資初心者には非常に嬉しいポイントでもあります。

 

知識がなくても利用できる

難しい設定も必要のないBEAX(ベアックス)。

そもそもBEAX(ベアックス)は、利用する際に、投資についての専門的な知識を必要としません。

BEAX(ベアックス)を始める際に行う簡単な設定を行ったあと、その後の運用に関しても、システムが自動で運用を行ってくれるので、投資に関する専門的な知識は不要です。

投資に関する知識を身に着けたい方は、BEAX(ベアックス)を利用しながら、投資の勉強を始めてみることは良いことだと思います。

テキストや資料などを見て学ぶよりも、実際の運用状況を見て学ぶ方が、勉強になるのではないかと考えます。

運用結果に関しても、BEAX(ベアックス)のシステムでは分かりやすく表示されるので、誰でも手軽に始めることができるのです。

 

いつでもどこでも利用できる

BEAX(ベアックス)の資産構築ツールは、自動的で運用を行ってくれます。

よって、ユーザーは好きな時にログインして、BEAX(ベアックス)のシステムを開くだけで利益を手にすることができます。

難しいチャートや値動きを見て、操作を行うようなことも必要ないので、あとは機械にお任せするだけ。

つまり、仕事や家事の合間、通勤中など、どこにいても、どんな時でも、スマホ一台があれば、それだけで利益を生み出せるということです。

時間や場所に縛られず利用することができる点は、BEAX(ベアックス)の最大の魅力だと思います。

以上、BEAX(ベアックス)のメリットについてご紹介させていただきました。

いつでもどこでも、誰でも利用できるという点から、「詐欺」とか「怪しい」とか噂が立つこともあるかもしれませんが、BEAX(ベアックス)には優秀なシステムが備わっているので、理想を現実化することができます。

ここまで、BEAX(ベアックス)のメリットをお伝えしてきましたが、デメリット(課題)についても見ていきたいと思います。

BEAX(ベアックス)の課題点

 

BEAX(ベアックス)が魅力的なツールであることはお伝えしましたが、一方で、利用するにあたって課題点も存在します。

課題点を十分に理解することで、BEAX(ベアックス)の資産構築ツールでより理想的な資産運用を行うことが出来るようになります。

課題点とは言いましたが、あくまでも“注意点”として、理解していただけたらと思います。

最低運用資金

一番気になるのは、元手となる資産がいくら必要なのかという点。

BEAX(ベアックス)の資産構築ツールで利用できる最低運用資金は、50,000円からです。

無料で始められて、そこから資産が増えていくということは、一般的にあまり考えられません・・・

また、仮に1000円で始められるような資産構築ツールが、運用後、何万円、何十万円にもなるということは、ほとんど存在しないと言ってもいいでしょう。

投資を行うえで、リスクも鑑みるとこの数字は妥当な数字だと言えます。

なお、普通に資産運用を行おうと考えられている方は、200,000円以上は必要です。

当たり前ですが、元手が大きければ大きいほど、大きなリターンは望めます。

200,000円からスタートできない方は、BEAX(ベアックス)で得られた利益を、まずは追加資金として運用に回すことで、今後大きなリターンを得られる可能性は大きくなります。

VPS代が必要

BEAX(ベアックス)のシステムを設置するためには、利用者がVPSを用意する必要があります。

投資やFXに馴染みのない人だと、VPSというワードは初めて聞く方もいらっしゃると思います。

VPSとは、仮想のパソコンのことで、BEAX(ベアックス)のシステムを最大限に利用するために必要なツールです。

24時間365日自動的にシステムが運用を行ってくれると言っても、一般のパソコンではかなり負担が大きく、故障のリスクが大きいのが難点です。

しかし、VPSを導入することで、ずっとパソコンを稼働しておく必要がなくなり、スムーズに運用を行うことができるのです。

そのVPS代として、月々2,000円が必要になります。

VPSを利用することで、24時間365日稼働し続けることができるので、必ず導入することをお勧めしています

また、このVPSの設置を、自分でやらなければいけないのかと不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

投資初心者の方が、いきなりVPSを設置するということは、かなりハードルの高いものです。

BEAX(ベアックス)では、そのような方にも安心してご利用いただけるように、カスタマーサポートの体制が整っていますので、お問い合わせすると、設定方法を丁寧に教えていただくことができます。

電話とLINEにてサポートを行っているので、初めての方は利用することをお勧めします。

サポートがしっかりしているという点は、安心ですよね。

以上が、BEAX(ベアックス)の課題点となります。

 

資産構築ツールBEAX(ベアックス)まとめ

BEAX(ベアックス)まとめ

どのようなサービスにおいても、メリットと課題点は存在します。

特に投資の分野においては、大切な資産を守るという意味も込めて、なるべくリスクを抑えるためにデメリットを理解することは非常に重要です。

今回、BEAX(ベアックス)の課題点について確認しましたが、最低運用資金とVPS代は資産構築を行ううえで必要不可欠なもので、この2点を避けてはBEAX(ベアックス)は始められません。

数百万、何千万単位から始められるような案件と比較してみても、割と始めやすい価格帯ではないかと言えます。

この価格で、いつでも、どこでも、誰でも始められるという点は、BEAX(ベアックス)の大きなポイントで、特にこれから資産構築を始めようと思っている人にとって、始めやすいツールだと言えます。

きっと、利用していくうちに、スマホで自分の資産が増えるのをチェックしていくことが楽しくなっていくことでしょう。

「投資」と聞くと難しいイメージをしてしまいますが、「いつまでに、いくら貯める」など、しっかりとした目標を持って始めると、楽しみながら運用できるのはないでしょうか?

BEAX(ベアックス)を利用することで、皆さまの人生がより豊かになることを、心より願っております。

 

 

Posted by oabfwb